システマティック文献レビューとは?

システマティック文献レビューは、「システマティックレビュー」と呼ばれることがよくありますが、 二次研究の一種で、 過去に行われた関連する全ての研究の情報を系統的に評価するレポートです。

システマティックレビューのゴールは、次のような特定のリサーチクエスチョンに答える事です。

“In patients aged 70 years or older, how does the administration of an influenza vaccine compared with not administering a vaccine affect the risk of developing influenza during the winter?”

「Systematic(体系的)」とはレビューの手法が事前に計画されることを意味します。手法は 透明性が確保され 客観的、かつ構造的にすることでバイアスを排除し、他の研究者が繰り返しレビューできる一貫したものです。

システマティックレビューは系統的で再現性があり包括的です。それ故、 従来の「文献レビュー」 /「ナラティブ・レビュー」/「レビュー論文」より価値があります。

システマティック
文献レビュー


• 系統的

• 再現可能

• 包括的

• 判断と解釈が多面的にチェックされ、議論されるために2人以上の著者を必要とする

従来の文献レビュー


• 通常は記述的

• すべてのデータが含まれているとは限らない

• 厳密にデータを解析しているわけでもない

• 通常著者一人で実施する

Scroll to Top